HOME>南千住の歴史>南千住の歴史

南千住の現在までの軌跡

超高層ビルが立ち並んでいる荒川区南千住ですが、江戸時代は江戸から日光へ向かう際に旅人が最初に通る宿場町、千住宿が町の起源としています。もともと千住宿は南千住から墨田川を挟んだところにある足立区の千住に宿場町が置かれていましたが、千住宿が往来の増加に伴って拡大していったことに伴い、南千住一帯が新たに宿場に指定され、南宿と呼ばれました。これが南千住の歴史の始まりです。江戸時代から明治初期まで南千住には小塚原刑場が置かれ20万人以上の罪人がこの地で処刑されました。この小塚原刑場では杉野玄白たちが解体新書を翻訳する際に解剖図の正確性を確かめる際に、刑死体の解剖に立ち会った場所としても知られています。明治時代になると隅田川を使った船運と陸運が接続されている地域だったため、紡績会社が立地する工業の街に姿を変えました。この頃に工場で働く人たちに向けに作った食事として出された料理としてもつ煮込みやぼったらと呼ばれている南千住風もんじゃ焼きが知られています。1980年代以降、工場の閉鎖や国鉄の貨物駅の土地の売却が行われたことを契機に南千住一帯で再開発が行われ、大規模な区画整理と都市型道路の敷設、20回から30階建ての超高層マンションの建設が行われ、住宅街へと変貌しました。現在でも南千住の再開発は進められており、どのような街に南千住がなるのか多くの人たちに注目されています。

もっと見る